長距離ドライバーのデメリットとは?

長距離ドライバーの運転のデメリット

長距離ドライバーはいろいろなところに行けるので観光気分になったり、いろいろな場所の知見を増やすことができます。さらに、地理感覚も身に付けることができ、方向音痴が改善されるなどの効果もあります。大型や中型などいろいろな車両を運転することで自分の運転スキルも身に付きます。未経験者でも研修制度や免許取得制度をとっている求人もありますよ。ただし、長時間労働になりがちです。遠くに行くケースでは宿泊ありきで運行しなければなりません。残業や夜勤のような機会が多いのでワークライフバランスがとりにくいです。休みや休憩を取りドライバーに負担がないように法律で整備されているので過酷な労働を強いられるわけではありません。

色々なスキルが求められる

トラックドライバーの求人にはいろいろなスキルを求められます。荷物をトラックからおろすためにフォークリフトやクレーンの操作のスキルや荷物を固定させるための玉掛などがあります。運転だけでなくこうした荷物のケアもしなければならないので体力が必要となるのです。高齢になってくると体力が落ちたり、集中力がなくなり災害を起こすリスクがあるため体力を維持しなければ続けられないというデメリットがあるのです。トラックドライバーの資格で採用されても、フォークリフトなどの資格を求められるので就職後も勉強していくという自己啓発の志が重要となります。求人によって労働者に求めるキャリアアップの期待が異なるため、体験談や職場訪問で確認することが重要です。

小型のトラックドライバーの求人は、普通免許で対応できるため初心者でも応募しやすいです。空いた時間でも仕事に就ける求人が人気となっています。