トラックドライバーの仕事と一言で言っても、その仕事内容は実に様々な種類があります。求人している会社ごとに仕事内容は違うといってもいいでしょう。そこで求人選びの目安として、大きく分けてルート配送と長距離の違いについて説明したいと思います。

ルート配送の仕事とは?

ルート配送のメリットとは?

トラックの運送は大きく分けて輸送と配送があります。輸送は工場の倉庫から拠点となる倉庫や配送センターの倉庫への運送を言います。また配送は拠点倉庫や配送センターの倉庫から、会社とその店舗や個人宅などへ…

Read more

ルート配送のデメリットとは?

トラックを使用した仕事は色々ありますが、ルート配送は毎日決められた場所にトラックで荷物を運ぶ事がメインの仕事になってきます。決まった場所に配送を繰り返すので、道を覚えるのが簡単です。宅配便等と違…

Read more

ルート配送の求人を選ぶポイントは?

ルート配送の仕事は、顧客の自宅や事業所をめぐるルートを覚えるまでに多少時間がかかりますが、日中の時間に働ける会社が多いため、男性だけでなく、子育て中の女性も働きやすくなっています。また、規模が小さ…

Read more
>

トラックドライバーの求人は専門サイトで探す

長距離ドライバーの仕事とは?

長距離トラックの走行距離は会社によってさまざまですが、関東地方から関西地方など、地方から地方へ走る距離を長距離と考えていいと思います。地区担当のルート配送に比べれば走行距離や運転時間は長くなりますが、配送件数は少ない傾向にあります。そんな長距離ドライバーのメリット・デメリットを紹介しますので、どちらが自分に合うのか参考にしてください。

長距離ドライバーのメリットとは?

長距離ドライバーとして活躍することで、仕事で多くの場所を訪れることになります。通常のドライバーであれば近場で同じところを移動しているだけで、新しい発見などは少ないものですが、長距離ドライバーであれ…

Read more

長距離ドライバーのデメリットとは?

長距離ドライバーはいろいろなところに行けるので観光気分になったり、いろいろな場所の知見を増やすことができます。さらに、地理感覚も身に付けることができ、方向音痴が改善されるなどの効果もあります。大型…

Read more

長距離ドライバーの求人を選ぶポイントは?

日によって移動距離の違いがあるか

荷物の輸送の需要はそれなりにあるので、それを担うトラックドライバーの求人も結構あります。その中でも特殊な技能である長距離ドライバーは給料などの待遇がいいケースもあるので、必要な免許を持っているなら応募してみてもいいかも知れません。長距離ドライバーの仕事としては大型のトラックでたくさんの荷物を運送するケースが多くなります。給料に関しては荷物の量や拘束時間などで決められるようですが、会社によっては日によって与えられる仕事が異なるため稼ぎにばらつきが出るところもあります。安定した給料をもらいたいのであれば、日々の移動距離が一定しているところを選ぶ方がいいでしょう。長い距離を走る日は多くなるものの、その分高い給料が得られます。

保険などの福利厚生が充実しているか

一般の会社であれば労働時間がそれなりにあるなら社会保険への加入が義務付けられます。健康保険や厚生年金の他雇用保険や労災保険などに加入でき仕事上のトラブルに備えられます。長距離ドライバーとして仕事をするときにも求人先において社会保険が完備しているかは大事なポイントになるでしょうが、それ以外にも独自の保険でサポートしてくれるかどうかをチェックしておきましょう。長距離ドライバーはいろいろなリスクがありますが、それがドライバー自身の責任となると将来仕事を続けるのが難しくなります。自動車に関する事故であったり荷物の遅延などに関する保険に加入してくれていれば安心して仕事ができます。生命保険などもあれば家族を安心させられるでしょう。