ルート配送のデメリットとは?

トラックのルート配送の仕事内容とは

トラックを使用した仕事は色々ありますが、ルート配送は毎日決められた場所にトラックで荷物を運ぶ事がメインの仕事になってきます。決まった場所に配送を繰り返すので、道を覚えるのが簡単です。宅配便等と違い住人が留守で荷物を渡す事ができない等の問題が発生しないので、労働時間がある程度決められた範囲内で完了させられる魅力があり、安定した労働を実現できます。
更にルート配送は年間の休日も多めに設定されているケースが多いので、体の負担が少なめで、尚且つプライベートを充実させられるので、休日に家族と一緒に遊びに行ったりする事も可能です。道を覚えるのが大変な方や、安定した休日で家族との触れ合いを確保したい方等にとっては働きやすい環境になっています

ルート配送は変化が少ない

ルート配送は同じ所に配達を繰り返すので、仕事に慣れてきたら、ほぼ変化の無い職場環境になってしまいます。余り変化が必要ない人にはメリットになりますが、違う場所に配達したりして変化が欲しい人にはデメリットになってしまいます。更に長距離トラック等と異なり、給与に変化が少ない特徴があり、沢山お金を稼ぎたい人にとっては、ルート配送はトラックを使用した仕事の中では給与が低めに設定されているデメリットも存在します。 ルート配送は働きやすい環境であり、道を一度覚えてしまえば、多くのトラックドライバーが仕事に対応できてしまいますから、長距離トラック等よりも難易度は低いです。その為給与も低くなりやすいので、トラックの運転が上手い人であれば、長距離等にチャレンジした方が、稼ぎが良くなります。

大型のトラックドライバーの求人は現在、非常に多くあります。大型自動車の運転免許が必要になりますので人材が集まりにくい職業なのです。